おすすめの椅子3選|座りやすくて疲れづらい商品まとめ

座りやすくて疲れづらい椅子を求めているのであれば、ハーマンミラーのアーロンチェアが定番でおすすめです。

比較的高額ながら日本でも根強い人気のアーロンチェアは、海外ドラマや映画にも登場するほど有名です。

人間工学に基づく優れたデザインも魅力の1つですが、最大の魅力はやはり疲れづらさです。

誰もが快適に作業に集中できる仕事をする椅子として開発されているので、座っているうちに体に痛みを覚えたり、疲労感で集中力が途切れるといったことがないです。

座りやすさと疲れづらさを実現しているのは、長年の人間工学研究の成果によるところもありますが、豊富な機能で自分好みに設定できることも大きいです。

極めつけは最長12年という圧倒的な長期保証で、使用中に万が一壊れてしまっても、メーカーがしっかり保証してくれるので心強いです。

メンテナンスに力が入っていますから、愛用してへたりが生じて座り心地が変わってしまっても、メーカーに送り返せば新品同様に整備してくれるので心配無用です。

3つある中で一番大きなサイズは、身長200cmまで、体重は159kgまで対応するので、大柄な体格な人にもおすすめできます。

コクヨのオプティは、自宅でテレワークをする女性におすすめの椅子です。

柔らかい印象を与える質感はリビングにもマッチしますし、何より肌触りが良くてクッション性も抜群なのが魅力です。

座面は滑りやすい素材だと座っている間に体がズレてしまい、腰に負担が掛かって痛みを覚えることがあります。

その点、オプティは素材や凹凸による滑りにくい工夫が施されているので、長時間のテレワークも快適に取り組むことができます。

腰と座面、背もたれの間に隙間が生じにくいですから、座りやすく疲れづらい快適性が得られます。

意識しなくても正しく、腰に負担が掛かけない姿勢で座れるように設計されているので、仕事だけでなくプライベートの普段遣いにも最適です。

日本を代表するメーカーだけあって、日本人女性の体格を理解して設計されていますから、海外メーカーにありがちなサイズの違和感とは無縁です。

購入後のサポートも手厚くて安心感がありますから、比較的手頃な価格帯ということもありおすすめ度が高いです。

女性向けではありますが、小柄な男性にも使いやすいですし、カラーバリエーションは男女を問わないので、性別に関係なく選択肢に加えられるでしょう。

オカムラのシルフィーは、バリエーションが豊富で機能も豊富な、中~高価格帯に位置する椅子です。

肘掛けなしも選べますが、固定肘掛けと調整が可能な肘掛けも選択することができます。

背面はハイバックが中心ですが、背もたれが低いタイプとヘッドレストつきもあります。

全体的なサイズは比較的コンパクトですから、オフィスでも使いやすいですが、自宅の自室にも無理なく設置可能です。

座りやすく疲れづらい椅子としての特徴には、背もたれのカーブが調整できる機能が挙げられます。

レバー操作でカーブの緩急が変化するので、自分の背中のカーブに合わせて丁度良いポジションが選べます。

カーブは体格の大小を吸収する要素として機能しますから、大柄な人も無理なく座れますし、小柄な人も隙間ができて腰が痛くなる心配がないです。

座面の回転やキャスターもスムーズですし、背もたれだけでなく座面も調節できるので、誰にとっても満足感が得られる可能性がある椅子だといえます。

価格的だけを見ると誰でも気軽に買える商品ではありませんが、機能的で長く快適に愛用できる商品を探している人におすすめできます。

デザインもカラーバリエーションも洗練されていますし、細部を見れば価格に納得できるつくりなので安心です。

Pick Up

PAGE TOP