一人暮らし向けテーブル|コンパクトサイズの商品をまとめました!

たとえ一人暮らしの部屋であったとしても、スペースを気にすることなく、食事や作業がしやすいようにテーブルを置きたいと思う人も多いかもしれません。

様々な種類のものがあり、高さの低いものやデスクなど、様々です。

天板の素材や形により、さまざまな特徴、メリットやデメリットがあるのが実情です。

自分が使うシーンに合わせて、良い商品を見つけられると良いでしょう。

一人暮らしにオススメのテーブルの選び方としては、一番は自分の使うシーンに合わせた種類やサイズを把握することと言えるでしょう。

天板の形、素材などにより、部屋に与える雰囲気や圧迫感等は大きく異なります。

これらを踏まえた上で、おすすめの選び方についてしっかりと把握しておきます。

まず最初に種類で選ぶことが求められますが、一人暮らし用となると、様々なシーンに合わせて4種類の中から選ぶことが可能です。

部屋のスペースを圧迫しないものが籠タイプのものであり、ロータイプはセンターとも呼ばれていて、多くの人が選ぶ種類です。

ダイニングやデスク等と比べるとやや高さが低いものであり、部屋のスペースを取ることもないので、部屋に対して圧迫感を感じることもありません。

床に座って使うことができるので、椅子を購入する費用を抑えることもできるでしょう。

冬はこたつとして使えるものもあるため、暖房器具の購入も検討中なのであれば、1つの選択肢に入ります。

そして椅子に座り食事や作業をすることができるダイニングタイプです。

一人暮らしでも比較的広い部屋で置くスペースがあるのであれば、ダイニングタイプも活躍します。

楽な姿勢で食事や作業を行うことができるでしょう。

そして長時間のデスクワーク、勉強に活躍するデスクタイプです。

勉強や仕事をする際に1人で使うことが目的に作られています。

書類や本を収納する棚、引き出しなどもあるため、必要な道具をすぐに取り出すことができ、作業の効率もアップします。

近年では在宅ワークが増えてパソコンや仕事をする人も多いので、このような人にはデスクのおすすめです。

そしてソファーやベッドの横にちょっとしたものを置くことができるサイドタイプです。

必要なものがすぐに取れるため、くつろぎの時間がより充実することでしょう。

その他にも天板の形で選ぶこともでき、作業がしやすい長方形や、部屋を広く見せることができる円形などがあります。

天板の素材も温かみを感じる木製や高級感が出るガラス製など様々です。

収納付きや折りたたみなどの機能性についても把握するようにしましょう。

このようなことを踏まえた上で、一人暮らし向けテーブルのコンパクトサイズのおすすめ商品としては、まず第一にサカベBONNY折りたたみローテーブルが挙げられます。

作業スペースをしっかりと確保することができる楕円形の籠タイプです。

四隅の部分に角がないため、部屋に圧迫感を与えることもありません。

ワンタッチで折りたたむことができるため、使わない時は簡単に収納することが可能です。

食事は作業を行いときには広々と使い、使わないときにはしまっておきたい人には特にオススメと言えるでしょう。

そして2つ目は山善の折りたたみテーブルです。

天板の奥行きが40センチ、幅が50センチのかなりコンパクトサイズのものです。

パソコンを置き作業する、ソファーやベッドの横に置き再度タイプとして使うことも可能です。

メラミン樹脂加工がなされた天板であるため、熱や水分にも強く、こぼしても簡単にふき取ることが可能です。

食事を取る際にはやや窮屈に感じるかもしれませんが、サブとして使うのも良いでしょう。

そしてMyhomeのセンターテーブルです。

天板がガラス素材で値段以上の高級感を演出することができます。

重厚感のあるデザインであるため部屋の高級感が増すことでしょう。

強化ガラスは3から4倍程度の強度があるため安心です。

収納棚があるため、小物のディスプレイをするのも良いでしょう。

特にモダンなインテリアにしたい人にはお勧めです。

Pick Up

PAGE TOP